さまざまなものを湿気や水分から守る撥水剤で製品を長持ちさせられる

水滴と半導体

電子部品の撥水剤と撥油剤として役立つフッ素コーティング

撥水加工された布

最近では、驚くほど高性能の電子機器があり、中にはとても小さくて持ち運びに便利なものも沢山あります。こうした高い性能を誇る電子機器類は、総じて非常に精密な造りで、機器を構成する電子部品もデリケートな特徴を持つ場合が多いです。強い衝撃を与えた場合だけではなく、油や水の存在で正確に作動しなくなったり、故障したりするので注意が必要です。物理的な衝撃については、利用者が普段の扱いに注意するしかありませんが、水や油による不具合や故障を防ぐ上では、フッ素コーティングで効果的な対応が可能です。フッ素樹脂の膜で電子部品をコーティングすると、その膜によって水や油が弾かれます。つまり、撥水剤と撥油剤を使ったのと同じ効果が期待されるのです。撥水剤は、水による影響を受けやすい様々な製品に塗布したりスプレーがけするなどの方法で幅広く使われています。皮革素材のシューズやバッグ、コートなどがいい例です。フッ素コーティングは、この加工一つで撥水剤としても機能し、更には、撥油剤として油汚れに対しても抵抗性を持たせることができます。その分、電子部品の故障防止のために行う加工作業を減らし、工程を短縮することができて、効率的と言えるでしょう。

衣服やスポーツウェアのフッ素コーティング加工で撥水剤効果を発揮

普段の生活の中で最もありふれた存在の一つである水のお陰で、様々なダメージを被る製品が沢山あります。衣服もその一つで、生地の素材によっては水そのもので品質劣化を招くこともあり、水溶性の汚れが生地にしみこんで、対応が遅れてしまうと洗っても落ちない場合もあります。また、スポーツウェアの生地が水を吸着する性質だと、屋外の練習や競技で雨にあたったり、動いて汗を大量にかいた場合など、水分をウェアが吸い込んで重くなる上に、着心地も非常に悪くなるでしょう。このような事態を未然に防止するには、撥水剤を使って衣服やスポーツウェアを加工し、水がしみこまない仕様にするのが一番です。これには、フッ素コーティング加工の技術を応用することが可能です。フッ素コーティングは、フッ素樹脂の膜を製品の上に形成して製品を保護する技術ですが、衣服やスポーツウェアの素材となる生地や繊維に対しても適用可能です。コーティング加工によって、撥水剤を使った場合同様、水を弾いて通さない特性を与えることが出来ます。このような生地や繊維で衣服やスポーツウェアを作れば、撥水剤としての効果を十分に発揮して、雨水、雪、汗、ドリンク類など、水によるあらゆるダメージに抵抗力を持つようになります。

撥水剤としての効果で皮革製品を防水保護できるフッ素コーティング

靴やバッグ、コートなどは、様々な素材のものがあり、素材の性質に応じて適切な扱い、手入れをすることで長持ちさせることができます。特に、皮革素材の製品は、湿気や水分による影響を受けやすい特徴があり、普段の扱いにもかなり神経を使います。皮革製品が好きな方は、日頃からこまめに手入れをするのも苦にならないかもしれませんが、メンテナンスを楽にできるなら、それに越したことはないでしょう。例えば、フッ素コーティングで皮革生地を加工すれば、撥水剤としての効果を発揮して、水に強い製品になります。撥水剤は、例えば、車体や、スマホにタブレットといったタッチパネルタイプのモバイル機器などに使うと、製品の表面で水分をブロックして内部まで水が入り込まないようにできます。車もモバイルデバイス類も、精密な電子部品類が正常に機能しなければ使えませんので、撥水剤によって水の影響から保護することは必要不可欠です。同様に、皮革のアイテムも、水が生地にしみこめば品質が劣化したり、乾ききらないうちに気温が上昇すればカビが発生して変色したりするため、防水加工が欠かせません。フッ素コーティング加工を施せば、撥水剤として十分な効力を発揮して、デリケートな皮革を水分によるダメージから確実に保護してくれます。

Recent Information

光学レンズ

フッ素コーティングの特徴を生かして撥水剤としての効果を期待

フッ素コーティングは、製品表面をコーティングによって保護する加工技術の一種です。コーティングの…

MORE ▶

基板

フッ素コーティングの撥水剤効果で金属の錆び付きを効果的に防止

金属は、素材としては加工しやすくて丈夫な上に、他の素材にはない独特の光沢が魅力です。金属のこう…

MORE ▶

水しぶき

フッ素コーティング加工が撥水剤として活用されている製品類

一種類の表面加工を施すだけで、製品に様々なメリットをもたらすことができるフッ素コーティングは、…

MORE ▶

作業服の男性

フッ素コーティング加工で撥水剤使用と同じ効果で木材を保護できる

安全性が高く快適な木造建築物を作るためには、素材となる木材の強度と見栄えの良さが大切です。しか…

MORE ▶